MENU

ダウン症の確率を軽減

ダウン症の原因と言われている『染色体異常』というのは、実は健康な男性にも一定割合で存在するそうですね。

 

高齢化出産になってくると、増えてくると言われているダウン症の確率ですが、やっぱり年齢と共に、染色体の異常が多くなってくるからなんでしょうね。

 

葉酸とは不妊対策だけではなく、ダウン症や無脳症などの子供の障害発生確率を下げてくれるという効果もあるので、妊娠した場合にも非常に大事なんです。

 

つまり、葉酸とは健康な子供を産むために必要な成分なのです。
妊活だけに使用するのではなく、妊娠後も利用できるサプリメントだからこそ、人気があるんですよね。

 

やはり子供の障害は、夫婦にとって大きな問題です。
今、年収がどんどんと減っている中で、一般人の夫婦が障害を持った子供を一生面倒みるとなると、どれだけの負担がかかることでしょう。

 

肉体的にも、親は早く老いていき、経済的にも一生子供の生活費を出していく可能性があります。
若い頃は面倒をみてあげることが出来ますので良いですが、年を取ったら、もう心配になってしまいます。

 

誰が自分の子供を面倒みてくれるのか?
死んでも死にきれなくなってしまいます。

 

やはり自分が健康に気を付ける事で健常児を生めるなら気を付けたいですよね。